HOME > chorus > アクセス他


アクセス

車でお越しの方へ
松山市中心部から車で約30分。国道11号線と国道33号線のどちらからでもお越しいただけます。
道路標識は久谷または浄瑠璃寺(四国八十八箇所・第46番札所)の方向にお進み下さい。浄瑠璃寺の前を通り越して、そのまま道なりに走って車で約2分です。
詳しくはグーグルマップをクリックすると表示されます。

住所

〒791-1132 愛媛県松山市久谷町54

大黒座運営委員会事務局
電 話 : 089-963-4862
LinkIconメールのご連絡はこちら



大黒座 使用料(原則)

大黒座使用料の詳細については、大黒座運営委員会事務局にお問い合わせ下さい。

利用形態 使 用 料
1日利用 15,000円
仕込み、リハーサル使用  半日 5,000円
学校教育関係使用 無償 (例外) 
その他  事案に応じて会長が個別に検討  



周辺情報

坂本屋

c036.JPG明治末期に建てられた。三坂峠を2キロ下った最初の遍路宿で、往時は宿泊や休息客で賑わった。土間、囲炉裏、五右衛門風呂などがあり昔を偲ぶ事ができる。

四国霊場第46番札所・浄瑠璃寺

c025.JPG708年に創建。ご本尊は僧行基が刻んだ薬師如来。本堂は1785年に再建された。寺号の由来は本尊の別名瑠璃光如来にちなむ。子規の「永き日や衛門三郎浄瑠寺」の句碑が立っている。

四国霊場第47番札所・八坂寺

c022.JPG701年の創建。伽藍を建てるにあたり八ヶ所の坂道を切り開いて道をつけたことが、寺号の由来となっている。ご本尊は鎌倉時代の阿弥陀如来で源信作と伝えられている。県の無形文化財に指定されている。

八塚

c004.JPG古墳時代末期のものとみられる群集古墳がある。八基からなることから、「八ツ塚」と呼ばれ、四国遍路の開祖といわれる衛門三郎の八人の子供を弔った塚という伝説も残っている。